何年経っても書道初心者

いつまで経っても書道初心者な自分の為の記録。作品制作のこととか、書道をする中で考えたこと、感じたことなど。

関戸本古今集の臨書と臨書の際に行間を上手くとるコツ

どうも、サクライです!
最近また関戸本古今集に惹かれてきたので、臨書をしてみました。

f:id:mos39:20210303150441j:plain

行間だったり、行の右への流れ具合等々まだ課題だらけですが、やっぱりゆったりと臨書するのは心が落ち着いていいですね。


ちなみに、臨書をする際には下図のように、鉛筆で一文字目の一画目の位置をメモしています。
f:id:mos39:20210303151128j:plain

こうすることで、(少なくとも一文字目は)行間を揃えることができるのでオススメです。

このやり方は、いつぞやだったかに書道の先生から教わったのですが、教えてもらった時は衝撃でした。
「そんなことしていいの!?」と…(笑)

先生曰く、「慣れるまではやったらいい」とのことなので、お言葉に甘えて慣れるまではこうします…(笑)

一文字目の位置をメモすることで、臨書の際に「次の行の位置ここで合ってるかな?」と確認する手間も省けるので、集中力も持続できますよ~。


関戸を参考に創作できるようになりたいので、関戸の雰囲気を掴めるよう、臨書をがんばります…!